1年間

ブルーベリー・カレンダーで安心!


ブルーベリー 育て方 簡単です Home
   1年間

ブルーベリーの 年間カレンダー


 次の主なポイントにより、 美味しいブルーベリーを収穫し、喜びであふれます。
    (1)酸性の用土
    (2)水やりを十分にし、日当たりで
    (3)剪定と植え替え
 これらのポイントが満たされると、ブルーベリーは育ち、美味しい果実をつけます。
(1)のポイントがずれていた場合、「土」の記事で詳細を説明しましたので参考にしてください。
「土」の記事は、ピートモスとpH調整、通気性・通水性、乾燥を防ぐマルチについて説明しました。
ブルーベリーは、乾燥に極端に弱いため、水やりが大切になるのです。
また、ブルーベリーは、、日当たりで育つことにより、美味しくなります。
さらに、果実を大きく育てるために、大切なのが、「剪定」です。
剪定により、病害虫からも強くなります。
実らせるため、同じ開花時期の2種類以上の品種を接近して育てる場合があります。
蜂が少ない場合、人工授粉を考えましょう!
これらのポイントを実行することで、ブルーベリーは、応えてくれ、美味しい果実を収穫できます。


 では、ポイントを忘れないため、年間カレンダーを使用するステップへ進みます。
ブルーベリーの経済樹齢は、苗木植付け後8年目から30年以上、と言われています。
カレンダーは、約40年間、ブルーベリーとの付き合いを実り豊かにするに違いありません。
次のリンクより日本の平均的な気候・品種の「ブルーベリー・カレンダー」をダウンロードできます。
ブルーベリー・カレンダー
(※Excel97以降のバージョンで利用できます。お住まいの気候・品種に合わせカレンダーを修正・印刷できます。)

カレンダーの記述方法
(1)水やり、雪対策 (水やりは、春・秋は毎日、夏7月は1日2回、冬は3日に1回程度必要です。)
(2)ブルーベリーの成長
  1)花芽 2)開花 3)新梢 4)果実 5)秋枝 6) 紅葉/落葉
(3)作業
  1)収穫 2)剪定 3)挿し木 4)鳥対策 5)肥料/マルチ 6)植え替え

【 1月 】
(1)冬です、乾燥します、3日に1回水やりが必要です。乾燥に弱いからです。
しかし、雪が積もる地域の場合、雪からまもる必要があります。
そのため、角材などを使用し、囲います。
(※ 「冬」の記事で、詳細を説明しました。)
(2)冬の間、ブルーベリーは、休眠します。
(3)休眠期には剪定をします。 『落葉したら剪定』、と覚えましょう!
(※ 「剪定」は、詳細を記事で説明しました。)
剪定で切った枝は、挿し木として使用できます。
剪定後、寒肥を与えることがあります。

【 2月 】
(1)乾燥します、3日に1回水やりが必要です。
(2)開花が早いサザンハイブッシュなどの品種は、花芽が出始めます。
(3)しかし、多くの品種は、休眠中、植え替えは、この休眠中にできます。
冬季剪定は、2月で終わりです。
芽が出、根が動き出すため、有機肥料を必要に応じて与えます。

【 3月 】
(1)鉢植えの場合、水やりを毎日行います。乾燥に弱いためです。
好みは、通気性と水持ちが良い酸性の土です。
(※ 「土」について、詳細を記事で説明しました。)
(2)休眠中の品種があります。  
(3)3月は、寒い地方の場合、植え替えの時期です。まだ、根が動いていないからです。
剪定で切った枝は、挿し木として使用できます。
また、「春肥」として肥料を与える時期です。
急激に成長し、開花させ、果実への栄養が必要です。
(※ 「肥料」について、詳細を記事で説明しました。)
春肥を与えると同時に、土のpH調整が必要な場合があります。
ブルーベリーは好酸性植物です。生育に好適な土のpHは、約 5±0.5 です。

【 4月 】
(1)水やりを毎日行います。「乾燥を嫌う」からです。
しかし、日光を好みます。 したがって、日当たりの良い場所が必要です。
(2)4月は、開花の時期です。
(3)実らせるため、同じ開花時期の2種類以上の品種を接近して育てる場合があります。
人工授粉の手間が省けるかも知れません。 蜂が少ない場合、人工授粉を考えましょう!
害虫や鳥などに注意し、必要に応じてネットなどを使用し、鳥から花を守ります。

【 5月 】
(1)水やりを毎日行います。
(2)果実の発育期です
(3)害虫や鳥などに注意し、必要に応じてネットなどを使用し、鳥から花・果実を守ります。
庭植えの場合、「夏肥」として5月上旬〜6月上旬に追肥をします。
新梢上に花芽の着生が良くなるからです。

【 6月 】
(1)水やりを毎日行います。
(2)新梢の成長が止まる時期です。 しかし、止まらない場合、肥料を減らすようにします。
(3)ブルーベリーの収穫期が始まります。品種により9月頃まで収穫できます。
約3000年の昔から、4年目から収穫する事になります。
害虫や鳥などに注意し、必要に応じてネットなどを使用し、鳥から果実を9月頃まで守ります。
ハイブッシュ系は、実全体が青くなってから約3日程度で収穫できます。
ラビットアイ系は、全体が青くなってから約一週間で収穫できます。

【 7月 】
(1)9月末頃までは、水やりを欠かせません。また、夏の暑さに注意が必要です。
 夏の暑い時期は、朝晩、1日2回水をやりをします。乾燥に弱いためです。
(2)品種により、果実が豊かに実る時期です。
しかし、品種の違いにより、収穫が終わる場合があります。
特に北部ハイブッシュ系、半樹高ハイブッシュ系は、夏の強い日差しと暑さが苦手です。
(3)ブルーベリーは、年に2.3回枝が伸びるので、成長が止まってから夏季剪定を行います。
夏季剪定のポイントは、少々込み入った枝を切り、風通し良くし、病害虫から守ります。
夏季剪定で切り離した枝は、挿し木として使用できます。

【 8月 】
(1)9月末頃までは、水やりを欠かせません。乾燥に弱いためです。
(2)品種により、果実が豊かに実る時期です。
品種の違いにより、収穫が終わる場合があります。
(3)収穫が終わった後、必要に応じて肥料を与えます。
肥料を与える時期は、8月中旬〜9月中旬で、「礼肥」として施すことになります。
秋枝を成長させ、翌年の新梢の成長や開花・結実を良くするためです。

【 9月 】
(1)まだ暑いので、必要に応じて水やりをします。乾燥に弱いためです。
(2)9月には、秋枝が成長してきます。
(3)収穫が終わった後、必要に応じて肥料を与えます。
秋枝を成長させるためです。

【 10月 】
(1)必要に応じて水やりをします。
(2)秋枝が成長してきます。
(3)油粕などを年の最後の肥料として与えます。
秋枝を成長させるためです。

【 11月 】
(1)必要に応じて水やりをします。
(2)秋は、美しい紅葉の季節です。
(3)休眠期には剪定をします。 『落葉したら剪定』、です。
11月は、暖かい地方の場合、植え替えの時期です。
秋が深まり芽の動きが止まってくるからです。
「マルチ」は、土の乾燥を抑え、雑草が生えるのを防ぎ、温度を調節ために使用する場合があります。
使用中の「マルチ」を取り除き、酸性度未調整のピートモスなどを敷き、取り除いた「マルチ」をまた戻します。

【 12月 】
(1)必要に応じて3日に1回水やりをします。
(2)根が凍る冬です。
(3)休眠期には剪定をします。 『落葉したら剪定』、です。
剪定後、寒肥を与えることがあります。
ノーザンハイブッシュなどは、寒さに強く、根が凍りついても大丈夫です。
しかし、枝が硬くもろくなっているため、雪が積もる地域の場合、対策が必要です。
(※ 「冬」について、詳細を記事で説明しました。)

次の表は、平均的な気候・品種の年間「ブルーベリー・カレンダー」です。
ブルーベリー・カレンダー




ブルーベリーは、毎日忘れずに世話すると、必ず応えてくれます!
大きく美味しいブルーベリーを、日本の各地で育てましょう!
ブルーベリー 育て方 簡単です Home
【1年間の最新記事】
posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 1年間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。