剪定

ブルーベリーは、剪定すると気持ちが良いのです!


ブルーベリー 育て方 簡単です Home

   剪定

剪定は、果樹を病害虫から守ります。


  果樹は、この作業をしないと、小枝が密集し、栄養が余分に必要になるため、樹が弱くなります。
 また、実が小さくなり、果実の質と味が悪くなってゆきます。

この作業は、養分を樹全体に行き渡らせるため、必要になるのです。
毎年、基本的に芽や根の成長が一旦止まった時期に作業します。
『落葉したら剪定』、と覚えましょう!

挿し木をする場合、冬季、夏季2回のこの作業を行うことがあります。
風通しを良くし、病害虫から守る意味があります。
切り出した枝は、挿し木として使用できます。

方法の具体的例
ポイントは、図のように風通しを良くする事です。
剪定

(1) 太くても内側の古い枝は、根から切ります。
(2) 内側に向かう枝は、切ります。
(3) 真横へ向かう枝は、切ります。
(4) サッカー(地下茎から延びる芽)は、切ります。
(5) ショート(枝の先端近くでのびる物)は、先を切り、翌年に成長する多数の木に実をならせます。

以上の作業の結果、果樹は、果実を大きく成長させることができます。




ブルーベリーは、毎日忘れずに世話すると、必ず応えてくれます!
大きく美味しいブルーベリーを、日本の各地で育てましょう!
ブルーベリー 育て方 簡単です Home
posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 剪定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。